減農薬・有機栽培を応援する農業、環境改善・減薬品の畜産、健康食品まで、地球に人にやさしい酵素をお届けします

''    牛''

牛への使用例

仔牛にイムノメイト(佐賀県)

ミルクにイムノメイトを加えて飲ませています。イムノメイトをあげるようになってから、事故がおきなくなりました。

牛乳がお客さんに好評です 乳牛(佐賀県)

バイオすくすく2号 をエサに混ぜて与えた

効 果

yokoo fun up

今までは牛乳の数値が悪く、ペナルティーを払っていたが、
改善して乳房炎が減り、糞の臭いがなくなり、
今まで、下痢のように ピシヤ ピシャ だったものが
ホットケーキのような 円状にモッタリしたフンに改善。 

これは消化の良いフンとのこと。

落ち着いた牛

また、牛の外見も 目ヤニや鼻水 が減少し
表情も落ち着いた きれいな牛になった。

牛は、食後 反すうするために ゆったり座るが、
今まではお互いにつつきあい、ごろごろすることはなかった。

それが 写真のように ゆったりと座って 
みんな落ち着いた状態に変化した。

乳房炎が解消され アンモニア臭もなく、
環境が改善されて ストレスがなくなった 成果だと実感しました。

2015.8.19報告
今年の夏はとても暑いのですが、
佐賀県のよその農家は 1日に30頭で牛乳を500kg
うちは        1日に24頭で780kg しぼっています!
乳牛自体もよその牛よりも大きくなっています。
毎月バイオすくすく10袋使用しています。
「飲むヨーグルト」も人気です。

肉牛 徳さん牧場(佐賀県)

使 用
 パイオニアファーム・サガ F1 エサに「地球のエネルギー」を添加
 して使用開始。現在独立し、「バイオすくすく2号」使用
使用実績
  1 下痢が止まった
  2 成長がよくなった
  3 ストレスがなく、エサの食いがよくなった
  4 1ヶ月早く出荷できるようになった
  5 牛ふん堆肥がよく発酵し、高く売れるようになった
効 果
 1頭あたり1日450円のエサ代(エサ+ワラ+水)×30日早く出荷
  → 13,500円の経費削減(1回の出荷につき)
 等級が上がり、価格がアップ
 さらに大きく育つため、重量の面でも価格アップ
 病気が少なく、薬代減少

2010年12月 佐賀県開拓畜産共進会 肉牛黒毛和種部門にて優秀賞
2011年6月 A-5-8 ランクもどんどんよくなっている!
徳さん牧場バイオすくすく
徳さんと牛
 
徳さん牧場の牛ふん堆肥
 人気の牛ふん堆肥 発酵が良好のため臭くありません!

乳牛 K牧場(福岡県)

K牧場(乳牛)乳量・体細胞の推移
使 用 :バイオすくすくを1頭に80~90cc与えた
使用実績
 乳量が夏で25%、秋~冬は27%UP。
 下痢も止まった。乳房炎で死ななくなった。
 乳質が良くなり、平成20年度乳質優秀賞を受賞
効 果
 15頭にバイオすくすく1袋(20L)を1週間。
 1頭あたり利益277円UPに対してバイオすくすく代10円。
 1頭1日あたり267円の純利益。

乳質成績優秀賞受賞!/平成20年度ふくおか県酪農業協同組合

            使用停止後に体細胞増加
            300=30万以上がペナルティー
画像の説明
※一般的に体細胞数の増加とともに乳量や乳質の損失が増え、乳房炎を
早期発見する方法となっている。/㈱酪農総合研究所2002より

            使用停止後に乳量が使用前の通常量まで減少
画像の説明

検査:福岡県農協 筑後事務所

繁殖牛農家(宮崎県)

宮崎県児湯郡川南町にて15頭の繁殖牛肥育
使 用
1年半前より「バイオすくすく」使用
(木酢散布と併用)
効 果
2010年口蹄疫で川南町が大変だった中、口蹄疫がでなかった。
(木酢使用のほかの牛舎は発症)
しかし、全頭処分にて処分。
2011年子牛から肥育を再スタート。
「バイオすくすく」も使用。今後を見守っていきたい。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

株式会社クリエイト,いむの村,いむのクリエイト,酵素,無農薬,減農薬,有機栽培,パワーの泉,地力アップ,バイオすくすく2号,青汁,CRミネラル,ラクトクリエイト,ルンルンミネラル,バイオすくすく,ラクトわんわん,ワンコサミン